OPENSTREAM OPENSTREAM

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

OPENSTREAM RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

出会いは「勘違い」から。
文系女子エンジニアの成長記

オープンストリーム
システムインテグレーション事業部

A.N 2015 年入社

入社のきっかけ
入社のきっかけ

「豆蔵ホールディングス」を食品会社と勘違いして説明会へ

大学で哲学を専攻していた私は、就職活動の時にも特に入りたい業界、就きたい職種というものがなく、なんとなく「都心で働ければいいかな」という程度の軸で食品メーカーや商社、物流関連の企業を見て回っていました。
オープンストリームを初めて知ったのは就職ナビサイトです。そこで豆蔵ホールディングスの「豆蔵」という文字を見て、食品会社だろうと思ったんです(笑)。会社説明会に参加して、ようやくI T企業であると分かったのですが、研修が充実しているので文系出身者でも活躍できること、また、親会社の豆蔵ホールディングスが上場している一方、オープンストリーム自体はベンチャー企業的な風土があるので、大企業の安定感がありながらチャレンジ精神あふれる環境で働けること、さらには、説明会で話をしてくれた先輩社員の飾らない雰囲気などにも魅力を感じ、そのまま選考に進んで入社することになりました。
入社後の話ですが、中途入社の方に「オープンストリームはユーザー企業から直接案件を委託される一次請け案件の割合が高い。非常に恵まれたI T 企業だ」という話を伺いました。偶然ではありますが、そんな会社に入社できた私は運が良かったのだと思います。

新人研修
新人研修

新人研修でプログラミングの面白さを知り、一気にのめり込む

入社後の新人研修ではJ a v aを使ったプログラミングなどを学んだのですが、研修開始当初は「何のためにやっているのか」ということさえ分からない状態でした。「自分で書いたプログラムを実行するとコンソール画面に文字が出てくるけど、だから何なんだ?」という感じで(笑)。明らかについて行けてなかったですし、講師の方に質問を浴びせまくる毎日でした。
ただ、講師の方が丁寧に教え続けてくださり、自分でも努力するうち、次第に自分のやっていることが理解できるようになり、プログラミングが面白くなってきたのです。研修が進むにつれて実際の業務に近づいていくので、「こういう仕事をするんだな」ということが見えてきたことも大きいでしょうね。
課題の進捗率や小テストなどの結果も目に見えて良くなって、周りの同期を次々と追い抜きました。調子の良い話なのですが、「私、意外と才能あるかも!」と思い始め、プログラミングにのめり込むようになったのです。
研修の最後には最終課題というものがあり、合格するまで何度でも受け続けなければならないのですが、私は一回で合格することができました。

やりがい
やりがい

PCスキルや論理的思考力はどんな仕事にも生かせるスキル

現在は7名のチームでECサイトの保守改修プロジェクトに携わっています。「動くはずのプログラムが動かない」といった難しい局面もあるのですが、自ら解決方法を調べ、チームのみんなと協力して問題をクリアにできた時はとにかく嬉しいですし、エンジニアとしてのやりがいを感じます。
就活時の経緯を考えると、全くの偶然でエンジニアになった感もある私ですが、今ではオープンストリームのエンジニアになって本当に良かったと思います。日々、さまざまなスキルが身に付いていることはもちろんですが、エンジニアの仕事をすることで自然と論理的な考え方ができるようになり、どんなことであっても予定から逆算して行動ができるようになりました。小さなことですが私にとっては大きな成長です。
文系の方にとってエンジニアの仕事は想像しにくい部分があるかもしれませんが、以前の私のように「特にやりたい仕事が決まっていない」という方は、人生の転機だと思ってエンジニアになってみてはいかがでしょう。オープンストリームであれば研修も充実しているので、文系・理系問わず活躍できますし、エンジニアが持つPCスキルや論理的思考力は、どんな分野の仕事にも生かすことができますからね。