NEXTSCAPE NEXTSCAPE

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

NEXTSCAPE RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

入社3年目で動画配信システムの
プロジェクト運営担当者として活躍

ネクストスケープ
配信事業本部

T.K 2015年入社

仕事内容
仕事内容

音楽配信や動画配信関連のプロジェクトに参画し、現在はPMに

私は豆蔵ホールディングスグループ内の別の会社でエンジニアとして働いていましたが、あるプロジェクトでネクストスケープと一緒に仕事をすることになり、そのままグループ間異動という形で2015年に入社しました。入社後は一貫して配信事業部のプロジェクトに携わっており、音楽配信プラットフォームの保守や動画配信システムの開発案件に参加してDRM(デジタル著作権管理)に関する技術を学びました。現在はある放送局の動画配信サービスシステムに関する案件に参加しており、PM(プロジェクトマネージャー)としてプロジェクトの管理全般を担当しています。
技術力の高さに定評のあるネクストスケープですが、私は入社時から上長に対して、「技術力に加えてお客様との折衝も担当できるような力を身に付けたい」、「マネジメント力を活かせるようなキャリアを歩みたい」という話をしていました。そのときの希望がいままさに叶えられており、若いうちから大きな仕事を任せてもらえたことに関して本当に嬉しく思っています。

やりがい
やりがい

プロジェクトを推進することの難しさを実感する日々

PMとしてお客様の前に立つ仕事は初めてなこともあり、今はまだプロジェクトを推進してくことの難しさを実感する毎日です。お客様が抱える課題を解決するためにあらゆる角度から提案をしているのですが、一筋縄では行きません。お客様から課題や諸事情を伺い、チーム内のメンバーをはじめ、上司や先輩社員とも話し合いを重ねることでお客様にとってベストな提案を模索し続けています。見積りの提示やスケジュール管理だけではなく、お客様に対して大きな価値のある提案ができるPMになるために、これからも地道に経験を積んでいくつもりです。
PMとして自身の課題は見つめつつ、一方で技術面に関しては、入社以降大きく成長できていると実感しています。入社直後はレベルの高い先輩たちについていくことすら大変でしたが、DRM関連含め、貴重な技術を習得することができました。将来的には動画配信とAIを組み合わせた新しいサービスを生み出してみたいと考えています。たとえば、動画の内容をAIが分析し、自動的にストーリーのあらすじを解説するような機能があれば面白いですよね。

メッセージ
メッセージ

「やらせてください!」と手を挙げた人がチャンスをつかめる

ネクストスケープに移籍して3年目になりますが、やる気と実力次第でどんどんチャレンジさせてくれる社風が気に入っています。私がPMになれたこともそうですが、年齢や社歴に関係なく、挑戦したいことに自ら手を挙げれば、チャンスを与えてくれる環境があります。ネクストスケープでは先進的技術を導入したサービスを展開していますが、その多くは誰かが「やらせてください!」と手を挙げたことからスタートしています。
これは役割・ポジションだけでなく、技術に関しても同様です。目の前の仕事に追われることなく、次々に誕生する新しい技術や情報をキャッチして高めていける環境で、周りには技術レベルの高い人が多く、自ずと技術を突き詰めたくなるような雰囲気があるんです。
学生の皆さんは学業や就職活動に忙しいと思いますが、もし私が学生に戻れるならば、もっと勉強したいと思うでしょうね。就職活動も大事ですが、学生時代は目の前の勉強や研究に没頭することも大切です。どちらも気を抜くことなく、がんばってほしいですね。