NEXTSCAPE NEXTSCAPE

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

NEXTSCAPE RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

本当に技術が好きで、
技術力の高い人が集まっている

ネクストスケープ
クラウド事業本部
ジュニアマネージャー

D.K 2014 年入社

転職のきっかけ
転職のきっかけ

技術が好きな人たちに囲まれて、自分の技術も高めていける

大学時代に情報システム系を専攻していた私が新卒で入社したのは、実はネクストスケープではなく1000名規模のS I 企業でした。そこでは金融業界向けの業務支援ツールの開発に携わり、2年半ほどお客様先に常駐させていただきましたが、積極的にコミュニケーションをとるのが好きだった私は、次第にお客様から信頼をいただき、要件定義から設計、実装、試験、運用保守までをひと通り任されるようになりました。
しかし、AccessやExcel VBAのツール開発が中心であったため、この先VBAだけでエンジニアとしてやっていくことに技術的な不安を感じ、転職を決意。技術力が高くてW e bに強い会社を探していたところ、ネクストスケープに出会いました。面接を進める過程において、技術に特化した質問や話題も多く、技術力の高さを垣間見ることができましたが、それ以上に社員の皆さんが楽しそうに技術の話をされるので、本当に技術が好きな人が多いんだなと感じることができました。実際、新しい技術をすぐに取り入れてみたり、現場で試してみたりすることは日常茶飯事。ここでなら楽しみながら技術力を上げていける。そう確信しました。

今後の目標
今後の目標

開発からプロジェクトマネジメントへのターニングポイント

入社して最初に任されたのはECサイトの画面作成でした。これまでHTMLやJavaScriptを書いたことがなく、Webシステムの動き方や環境もわからなかったので、周りの人に聞いたり、自分で勉強しながら、3カ月という期間の中で運用保守と並行しながらやり遂げました。
その後、小規模開発案件ではありますが、運用保守だけでなく、お客様と要件を詰めたり、スケジュールを決めて開発していくといった管理よりの仕事も任されるようになり、気づいたら見積り作成、要件調整、稟議への対応など、プロジェクトマネジメント的な仕事のウエイトが増えていきました。
もともと技術力を高めたくてネクストスケープに入社しましたが、ただ開発するだけでなく、お客様と折衝したり、メンバーとコミュニケーションとりながら、同じゴールに向かっていくのが自分の性に合っていると改めて気づくことができたので、今後はPMとしてのスキルを伸ばしてこうと考えています。
実際ネクストスケープには、社長を筆頭に技術力だけでなくPMとしての能力に長けた方が多いので、諸先輩方を見習って早く一人前のPMになれるようにがんばりたいと思います。

成長環境
成長環境

エンジニアの想いが実現しやすい社風と制度

ネクストスケープの社風を一言で表すとすれば「ボトムアップ」です。「こういうシステムをつくりたい」とか「こういうサービスを使いたい」といったエンジニアの強い想いが実現しやすい会社です。
たとえばネクストスケープには、「投資会議」というものがあります。「こういう新しいシステムをつくるので予算外の承認をしてほしい」とか「まだ世に出たばかりの新しいサービスをプロジェクトで使いたいので投資してほしい」とか、社長や役員を相手にプレゼンテーションをする機会が誰にでもあります。実際私も、あるお得意様とのプロジェクトがひと段落したタイミングで、「海外の技術カンファレンスにお客様をご招待し、一緒に視察に行きたい」と投資会議にかけて予算承認がおりました。
予算外のことは、現場がいくら声を上げても実現できない会社のほうが一般的かと思います。ですがネクストスケープは、新しい技術、新しいサービスをどんどん使っていこうという社風なので、目的とメリットさえしっかり伝われば、予算外のことであっても実現しやすい環境と言えるでしょう。技術が好きな方、その技術を実際に現場で使いたい方、その想いをぜひネクストスケープで実現してみませんか?