NEUTRAL NEUTRAL

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

NEUTRAL RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

いつかは目標とする上司に追いつき、
会社の成長に貢献できる
人間になりたい

ニュートラル
第1システム本部

R.K 2016年入社

入社のきっかけ
入社のきっかけ

入社以来、人間関係で悩んだことは一度もありません

私は就職活動の際、最初からIT業界一本に絞って活動をしていました。手に職を付けたいということもありましたが、PCに向かってプログラミングをするエンジニアという仕事のイメージが何より純粋にカッコイイと思っていたのです。
大学が名古屋だったこともあり、住み慣れた名古屋で働ける会社を中心に検討していました。その中でもニュートラルを選んだ理由は、採用選考のときに出会った方々の人柄に好感を持てたことが大きいですね。ニュートラルの選考で出会った人たちは、人事の方をはじめとにかくフランクで、こういう人たちがいる会社で働けたら楽しいし、人生にとってプラスになるだろうと感じたのです。文系出身なので仕事の内容については正直分からない部分も多く、そのぶん人や雰囲気は重視していました。
入社後も入社前に想像していた雰囲気とのギャップは感じていません。みんな仕事中はキリッとしていますが、飲み会などでは接しやすい人ばかり。入社以来、人間関係で悩んだこと一度もありませんね。

上司との関係
上司との関係

「この人についていけば間違いない」という上司がいる安心感

入社後の新人研修が終わった後は、金型の情報管理システム、自動車シートの工程編成シミュレーションシステム、工場のラインで使われるAndroidアプリなど、幅広いプロジェクトで技術を習得し、貴重な経験を積むことができています。
とくにAndroidのアプリに関しては以前からチャレンジしたかった分野であり、自ら「やらせてください!」と手を挙げた案件だったので、配属が決まったときは本当に嬉しかったです。実際に現場に入ってプログラミングをすると、開発言語はJavaなのですがAndroid独特のルールがあって難しい工程も多かったのですが、そのたびに上司にフォローしていただきながら、なんとか導入に漕ぎ着けました。苦労したぶんだけ達成感は大きいし、成長もできたと実感しています。
私には、「この人についていけば間違いない」という40代の上司がいます。プロジェクトの進捗に関してかなり不安な状態に陥っていても「大丈夫、大丈夫」と励ましていただけるし、常にベテランの余裕を持っています。自分もいつか「こういう上司になりたい」と思わせてくれる、目標となる方です。

今後の目標
今後の目標

教える立場になって初めて分かった「教えること」の難しさ

いま私は、一人の新人の教育を担当しています。去年自分が教わったときと同じように教えているつもりですが、教える立場になって初めて「教えること」の難しさを実感しています。技術的な部分を教えることもそうですが、仕様書の作成方法に関してはとくに苦労しています。また、教えていて気付かされることも多いんです。後輩から聞かれて初めて、「自分でも良く理解できていなかったな」と感じる部分があり、改めて勉強し直すことも珍しくありません。上司としてはこうした狙いもあって、私の下に新人を付けたのかもしれませんね。
入社した頃の私は、正直「技術さえ身に付ければどこにでも転職できるだろう」という考えを持っていましたが、いまは違います。「会社をどのように良くしていこうか」を本気で考えている上司や先輩を見て、自分も上司や先輩の築いた土台をどうやって発展させていこうかと真剣に考えるようになりました。こうした考え方ができるようになっただけでもニュートラルに入って良かったと思います。時間はかかるかもしれませんが、将来的には自分が目標としている上司に追いつき追い越し、会社の成長に大きく貢献できるような人間になりたいです。