MAMEZOU MAMEZOU

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

MAMEZOU RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

クライアントの「願い」や「想い」を
技術で実現する
スペシャリスト集団の一員として活躍

豆蔵
IT戦略支援事業部

T.H 2014年入社

上京の理由
上京の理由

教授の紹介で社長と事業部長に出会い、心は決まった

私は九州の大学院でコンピュータアーキテクチャの分野、具体的にはパソコンやスマートフォンに入っているハードウェアがどのような動きをするのかといったことを研究していました。そこで、ソフトウェアとハードウェアが一緒に正しく動作するためには、よりよいITシステムが重要であるということに気づき、ソフトウェアの開発をしながらハードウェアの分野にも触れられ、かつ研究開発ができる会社に就職したいと考えていたところ、当大学と産学連携で研究をしている豆蔵という会社を教授から紹介されました。
豆蔵と言う社名は聞いたことがなく、豆腐か大豆か、味噌か何かの会社かなと(笑)しかし、ちょうど出張で来福していた社長と事業部長にお会いする機会をいただき、その印象は一変しました。「コンサルタントの方って、ベテランでもこんなにギラギラしている」「会話もクレバーで、自分にないものがある」という強烈なインパクトを受け、ここでなら自分もエンジニアとして、コンサルタントとして、一人の人間として、大きく成長できるなと直感しました。あっ、東京に上京する理由になるからいいかなと思ったのも正直ありますね(笑)

やりがい
やりがい

IT戦略支援事業部のミッションは、顧客の想いをカタチにすること

私が配属になったIT戦略支援事業部は、その道のスペシャリストたちが集っている部門であり、お客様が実現したいシステムを、ITを駆使してカタチにすることをミッションとしています。たとえば、お客様の中期経営計画などで「今後こういうシステムをつくる」という大きなビジョンやざっくりとした要求が上がってきた段階から、どのような要素技術を使うのかという検討を行います。AIなどの先端技術も、もちろん検討の対象となってきます。そして、実際の開発まで担当するのです。中でも私は、プロトタイプの作成や音声認識、チャットボットなどの基礎アルゴリズムの実装やプロトタイプ開発を得意としています。
なお、これまでで一番やりがいを感じたプロジェクトは、お客様の社内文献ナリッジベースシステムに、レコメンデーション機能を試験導入するという支援でした。この時は、アルゴリズムから提案してほしいという依頼であり、当時、レコメンデーションのアルゴリズムは文献も少なく、調査から実装までとなると結構なリスクでしたが、結果「期待していたより的確にレコメンデーションしてきますね」とお褒めの言葉をいただけたのが嬉しかったですね。

成長
成長

チームで仕事を進めることの大切さを知り、
より大きなプロジェクトへと

入社してから「チームでモノをつくる」ための知識・技術・考え方は大変身に付いたと思います。もともと研究室では一人で研究することが多く、ドキュメントやプログラムコードを他人が読む可能性があるという意識は特にもっていませんでした。しかし開発の現場に入るとそうはいかず、開発に関わるものはすべて、開発チーム、そしてお客様の目にも入ります。ずさんな管理や書き方はしてはいけない、と強く意識するようになりました。
また、このように見ての通り人見知りしがちなタイプなので(笑)、「コミュニケーションをとる」というのはどういうことなのかも学びましたね。たとえばお客様と一緒に共通のゴールに向かうにあたって、気持ちのいいコミュニケーションがとれるかどうかというのも、プロジェクトの成功に大きく影響するものです。 技術的には、人と機械が対話するAIを主軸に、周りに付帯する分野が自分の主戦場だと思っています。競争の激しいこの分野で、最新の技術を取り入れながらしっかり成果を出せるエンジニアになれるように、また、多くのの開発メンバーを率いるような大きなプロジェクトが任されるリーダーになれるように、この先も精進していきます。