MAMEZOU MAMEZOU

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

MAMEZOU RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

ロボット開発で経験を積み、
将来はアルゴリズムと
ソフトウェア工学の分野で活躍したい

豆蔵
技術コンサルティング事業部

T.T 2016年入社

入社のきっかけ
入社のきっかけ

ソフトウェア工学をテーマに就職先を探す中、
豆蔵という不思議な社名の会社に出会う

大学院で数学・統計学を専攻していた私は、学生時代、ITコンサルティングや人材教育を事業とする企業で、ソフトウェア開発のアルバイトをしていました。その企業は規模こそ小さなベンチャー企業でしたが、ソフトウェア工学をもとにしたコンサルティングを行っており、学生の私にとって、新たな気づきや刺激を与えてくれました。そのため就職活動においても、ソフトウェア工学をもとにしたITコンサルティングや人材教育事業に強い企業を探しており、豆蔵に出会いました。
バイト先にも、何かの展示会で配布された豆蔵のうちわがありましたし、一度聞いたら忘れられないその社名の強烈なイメージと相まって、「なんかふつうと違って、面白そうだな」「ここでなら、自分のやりたいことができそうだ」と思って受けてみたのが、入社のきっかけとなりました。

やりがい
やりがい

入社2年目でロボットのアルゴリズムを担当。
緊張感の中で感じるやりがい

入社2年目になり、あるお客様先の産業用ロボットを動かすアルゴリズムの開発に携わることになりました。わかりやすく言うと、ロボットの先端の軌跡計算や、その軌跡を描くためにロボットの各関節をどのように動かすか計算させるプログラムの開発であり、数学を専攻していた経験が、かなり生かせる分野でした。とくに学生時代は、数値計算してそれで終わりでしたが、ここでは数値計算の結果が、実際にロボットを動かすことにつながっているので、とても面白いと実感しています。
なお現在はその経験を生かし、展示会で豆蔵が発表する予定の協調型ロボットの自社開発プロジェクトに参加しています。このプロジェクトは、私のようにアルゴリズムを担当するソフトウェアエンジニアもいれば、機械・機構を担当するメカエンジニアも、電気回路を担当するエレキのエンジニアも一同に集まっています。メカ、エレキ、ソフト各分野のエンジニアが協力しながら実機のロボットに命を吹き込むので、アルゴリズムだけで完結しないことも多く緊張感がありますが、それだけにやりがいも大きいと言えます。

今後の目標
今後の目標

ゆくゆくはアルゴリズムとソフトウェア工学のコンサルタントに。
個性的な先輩を見習って成長したい

いまはロボットのアルゴリズム担当として、学生時代に得意だった数学の知識を生かして仕事ができているので、とても充実した日々を過ごせていますが、就活時に豆蔵を選んだ理由の一つに、「ソフトウェア工学に携わりたい」という夢があったので、今後はその分野の情報も収集し、知識・経験を積むことで、ソフトウェア工学に関わるプロジェクトにも携わりたいと考えています。そして将来的には、アルゴリズムやソフウェア工学の知識・経験を基にしたコンサルティングのできる一人前のコンサルタントとして認められるようになりたいと思っています。
まだまだ若手なので、コンサルタントとして胸を張れるような実績はありませんが、豆蔵には「なんかふつうと違う」個性的な先輩たちが多く活躍していますので、そんな先輩たちを見習って、この先成長していけたらいいなと思っています。