KOWAMEX KOWAMEX

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

KOWAMEX RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

「モノ」ができて部品や
製品として認められる。
そこに設計の醍醐味がある

コーワメックス
エンジニアリングソリューション事業部
(機械設計)

Y.Y 2015年入社

仕事内容
仕事内容

自分の設計したものが完成したとき、期待以上の感動があった

大学時代、機械工学科を専攻していたこともあり、就職活動では地元の浜松を中心とした東海地区で、機械の知識を生かすことができる会社を探していました。そんな中、大学で開催されていた合同説明会にコーワメックスが参加しており、会社の説明を聞いて好印象を抱いたことが入社のきっかけです。また、希望しない限りは転勤がないことや、設計という仕事そのものにも魅力を感じていました。
入社後は船舶の推進システムである船外機の外装設計を手がけているのですが、正直なところ入社前は「設計=カッコいい仕事」というイメージだけが頭の中に広がっていたので、地味で細かい作業もあることにギャップを感じることはありました。ただ、実際に自分の設計したものが完成したときの感動は期待以上のものでした。 設計の面白さは、実際に「モノ」ができて部品や製品として認められるところにあると考えています。しかも一般の方々に向けて販売されるものなので達成感は大きいはずです。私自身に関しては、まだ自分が設計したものが販売され、一般のユーザーに使われているところを見たことがないので、これからがとても楽しみです。

成長環境
成長環境

コミュニケーションや問題解決の思考プロセスに
関して力が付いてきている

機械設計という仕事は、CADで図面をつくれば終わりというものではありません。実際に試作品を作成して、評価試験を行った上で量産・製品化されます。評価の段階で問題が発生した場合は、情報を収集して原因を究明します。さらには問題に対する対策も立てなければなりません。
これら一連の業務は自分たちだけ進めるのではなく、お客様であるメーカーの解析チームや品質保証部門など、さまざまな部署の多くの方たちと関わりながら進めていくことになります。そのおかげもあり入社以来、コミュニケーションスキルに関してはかなり成長したと実感しています。また、樹脂などの素材に関する知識や、問題解決の思考プロセスに関しても、少しずつですが力が付いてきていると思います。
現在は上司や先輩のフォローのもと、先生と生徒のような関係で仕事をしている状態ですが、いずれは自分ひとりで部品を担当できるようになりたいですし、数年後には後輩に教えられるぐらいのスキル・経験を身に付けていきたいと考えています。

メッセージ
メッセージ

学生時代の経験が個性になり、人としての強みになる

上司や先輩との距離が近いことは、コーワメックスの大きな特徴の一つです。ふだんはお客様であるメーカーの社員の方々と一緒に仕事をしているのですが、仕事をしているとお客様には直接聞きにくい話も出てきます。そうしたときにコーワメックスの上司や先輩、同僚の仲間に気軽に相談できる環境があるので助かっていますね。また、所属している浜松事業所は社員数40名程度の規模ですが、歓迎会や忘年会、新年会などのイベントもありますし、コーワメックス全社員が集まる会議に参加することもあります。休みの日にフットサルのために集まったりすることもあるなど、社員同士の仲は本当に良いと思います。
いま就職活動中の学生の皆さんに伝えておきたいことは、学生時代にしかできないことをしておいた方が良いということです。それは、勉強や資格取得でなくても構わないと思います。たとえば、バックパッカーとして世界中を見てまわった経験を持っているなど、素晴らしいですよね。そうした特別な経験をした方は就活においても、社会人になってからも個性が出ますし、個性を持っているということは人としての強みにもなりますからね。