JMT JMT

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

JMT RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

アパレル企業の店長から、IoTの
最前線で活躍するエンジニアへと転身

ジェイエムテクノロジー
産業機械事業本部

T.I 2014年入社

入社のきっかけ
入社のきっかけ

前職はアパレル企業。
PC操作もおぼつかなかった自分がエンジニアに成長

ジェイエムテクノロジーに入社する前の私は、新卒でアパレル企業に入社し、店舗では店長業務、本部では売上管理や仕入れの仕事をしていました。仕事は順調でしたが組織が硬直していて若手の意見や提案が通りにくい環境だったこともあり、転職を考えるようになったのです。
転職活動をしている際に知り合いから紹介されてジェイエムテクノロジーを知ったのですが、昔からものづくりや技術職に興味があったこともありますし、研修が充実しているため未経験からでもスタートできるという話も聞いていました。だからこそ、「よし、挑戦してみよう」という想いで入社を決めたのです。
今年で入社4年目になりますが、基本的なPC操作しかできなかった私が、半導体装置のデータ収集・分析を担当するエンジニア業務ができていることに喜びを感じていますし、日々大きな成長を実感しています。最初に聞いていた通り、研修も手厚かったですし、現場に出てからも丁寧に業務を教えてくれた上司や先輩方にはいまでも感謝しています。

仕事内容
仕事内容

製造現場の効率化を実現するために、収集・解析したデータを活用

私が所属しているIoT推進グループは、半導体を製造している企業の製造現場に入って業務を行っています。具体的には、半導体の製造装置にセンサーを付け、データを収集・解析することで装置のエラーを防止する仕組みづくりに生かすなど、部門名が表す通りのIoTサービスを提供しているのです。
実はこのデータを活用した分析モデルの作成は一筋縄では行きません。たとえばお客様から「取りたいデータはそこではない」「もっと多くのデータを収集したい」といったご要望をいただくこともあります。こうしたニーズに真摯にお応えし、お客様から感謝されるようなモデルを作成できたときには大きな達成感を感じますね。
さらに今後はエラーを防止するものだけではなく、製造装置に付帯する電圧やガスの状態をチェックする装置の管理を自動で行う仕組みをつくろうという施策もスタートしており、研究開発的な業務も増えています。これまでは人が装置を目視して電圧やガスの状態をチェックしていたので、この試みが実現すれば製造現場の大きな効率化に繋がると思います。

今後の目標
今後の目標

自社の強みを生かしながらIoT推進グループを成長させていきたい

前述の通り、ふだんはお客様の製造現場で仕事をしている私たちですが「CEATEC JAPAN」などの大型イベントに出展し、自社の技術・製品・サービスをアピールすることもあります。こうしたイベントではさまざまな企業の方々とお会いしてコミュニケーションをはかる機会がありますし、他社の技術を見ることもできるので、技術者として良い刺激が得られる貴重な機会だと思っています。
私たちが手がけているIoTは、これからますます発展していく技術・サービスであることは間違いありません。ジェイエムテクノロジーには現場に強みを持つ産業機械・半導体関連の部門だけでなく、高いIT技術を持っている部門もあります。双方のノウハウを生かせますし、互いにアイデアを出し合いながらお客様に価値を提供できることは大きな強みです。こうした優位性を存分に生かしながらIoT推進グループとしてさまざまな技術をサービス・製品化することで、いまよりもっと大きなグループにしていきたいですし、これから入社いただく皆さんにも面白いと思ってもらえる部門に成長させていきたいですね。