JMT JMT

MAMEZOU HOLDINGS RECRUITMENT

JMT RECRUITMENT

PEOPLE
社員インタビュー

 

きっかけはネットワークや
インフラへの興味。
Azureからさらに広がる好奇心

ジェイエムテクノロジー
IT事業本部

J.K 2016年入社

入社のきっかけ
入社のきっかけ

ネットワークやインフラへの関心からクラウドへ。
Azureエキスパートへの第一歩

学校でネットワークやインフラの勉強をしていたこともあって、就職先はIT企業の中でもネットワークやインフラに関われる会社を探していました。そんなとき、ちょうど学校主催の合同企業説明会でジェイエムテクノロジーの存在を知り、担任の先生からも「うちの卒業生も入社しており、楽しそうに仕事をしているよ」と勧められて興味を持ちました。きっかけはネットワークやインフラへの関心でしたが、面接の過程でクラウドにも注力しているということを知り、ここでなら新しい技術を習得しながら、エンジニアとして成長できそうだと思い入社を決めました。
入社後は、基本的な新人導入研修のほか、ジェイエムテクノロジーがお客様向けに実施しているAzureのトレーニングコースや、マイクロソフト主催のクラウドセミナーに参加したり、実際に先輩が携わっているAzureの案件に一緒に入りながら、Azureの基礎をマスターしていきました。

成長環境
成長環境

プロジェクトやトレーナー経験を積み、
Azureへの理解が一層深まる

これまで携わったプロジェクトで一番印象深かったのは、ある保険会社のシステムの基盤部分をAzureでつくるというもの。データベースも仮想マシンもAzure上のサービスを使う比較的大きなプロジェクトでした。
一般的にAzureはWebブラウザから動かすことが多いのですが、大きな案件の場合だとポータからではなくPowerShellで動かします。このプロジェクトで初めてPowerShellを使ったのですが、Azureのどういうリソースがどこに紐づいていて、どうやってつくるのかがとても見やすくて、Azureの内部的な部分への理解が深まるとともに、「あんなに面倒なことが、こんなにわかりやすくできるんだ!」と感動さえ覚えました。
また、ジェイエムテクノロジーがお客様向けに実施しているAzureのトレーニングに、講師として参加させていただく機会もいただきました。トレーニングの後、お客様にAzureの使い方をご提案したり、お客様からいただくご質問にお答えしたりすることで、対応力や応用力も身に付いたと思います。Azureに関して言えば、同期の中で一番経験を積めたのではないかと自負しています。

メッセージ
メッセージ

飽きることのないIT業界で、この先も技術をキャッチアップしたい

私はやはり技術が好きなので、この先もずっとエンジニアとして技術を極めていきたいと思っています。ジェイエムテクノロジーには、一般的に「マネジャー」と言われる管理職のほか、技術エキスパートの「テクニカルマネジャー」という役職もあるため、将来的には「テクニカルマネジャー」を目指したいと考えています。そのためにはAWSやGoogle Cloud Platformなど、Azure以外のクラウドの知識も身に付けたいと思っています。また、しばらくはオンプレミスもなくならないと思うのでサーバの知識も高めたいですし、話題のIoTやブロックチェーンなどにも携わってみたいです。少し欲張りかもしれませんが、IT業界は常に新しいサービスや機能が出てくるので、キャッチアップすることが多く、飽きることがないですね。本当にやりたいことが山ほどあるんです(笑)
もしいまクラウドに少しでも興味を持っているなら、無料試用枠があるので、学生のうちに遊んでみるのが良いと思います。オンプレミスと違い、サーバも不要で気軽に始められるのがメリットです。そこで「面白い」と感じることができたら、ぜひこの業界に飛び込んできてください。